経営資源

コンピュータによって仕事が効率化される

コンピュータが様々な分野で活躍しています。それらを導入する理由は人件費の削減に繋がるからです。コンピュータが存在しなければ、必要な業務に人員を配置しなければなりません。人員を仕事場に向かわせる事は出費が必要になります。それを自動化する事ができればお金の節約になる事は当然です。 以前のコンピュータはパソコンのソフトウェアが充実していませんでしたが、様々な機能を備えたシステムが登場した事でフォロー可能な範囲が拡大しています。将来的には人間の代わりに全てをコンピュータが担当する事もあり得ます。コンピュータの光熱費が下がる可能性に比べれば、人間の給料の下降の確率は下です。つまり経費削減を目指すのであれば、効率化を考えて工業製品の開発を進めるべきと言えます。

経営資源の管理は重要

企業活動は設定された目標に向かって社員が行動します。企業の理念や目的を作る事で、社員の行動を限定する事が可能です。個々が自由に考えて行動するならば、企業に所属して活動する意味が薄れます。 ERPパッケージと呼ばれる商材は、企業の持っている経営資源を管理するためのシステムです。ERPパッケージが登場する前から、経営資源の重要性は認識されていました。経営資源とは社員やお金や資材が該当します。それを有効活用するために経営者が考えるのです。 経営資源は常に流動的な状態であるため、現状把握が難しいと言えます。それをサポートするためにERPパッケージは活躍を期待されているのです。ERPパッケージの利用が適切に行われていれば、経営は非常に楽になります。

» ページのトップへ戻る