管理システム

簡単に社員の勤怠管理をしよう

クラウドサービスによる勤怠管理は導入が非常に簡単です。特に支店を多く抱える企業などは、タイムカードの記録だけでは、管理が煩雑になってしまいます。 そこで、クラウドサービスを扱う企業は、こういった管理を簡単に行えるように企業に 提供しています。クラウドでは、ネットワークに接続できる環境があれば、いつでも社員の勤怠を確認することができます。企業と契約を結び、月額料金を支払うだけで、すぐさま勤怠管理の準備はできます。 デバイスもタイムカードだけでなく、指紋認証や電子マネーなどのICカードなど様々です。複合で利用することもできますので、企業によって使い分けることもできます。 これから、勤怠管理をシステム化したい企業にはクラウドはコストパフォーマンスもよく導入にも時間がかからないのでお勧めな選択といえるでしょう。

初期投資を安く導入を楽にしよう

社員を数百人も抱える大企業や、多くの支店を持つ企業は勤怠管理は非常に煩雑で大変な作業です。まず、導入に際して、専用のデバイスやソフトを導入するところから始まるため、非常にコストが掛かります。 クラウドでの勤怠管理は、サービス事業者と契約を結ぶだけで利用ができますので、コストカットを考えている企業にとっては非常に助かります。特に、今後も支店が増えていく企業にとって、支店が増えるたびに機材を導入するのはとても大変なことです。クラウドならばいつでも、そういった機材からも開放されます。 また、自分が何時から何時まで働いたかがネットに接続すれば瞬時に分かりますし、管理する側も簡単に参照することができます。 企業が大きくなるにつれ、クラウドでの管理は便利になっていきます。

» ページのトップへ戻る