ポイントの概要

吹き抜けが開放的な家

住宅エコポイントとは、様々な商品の交換や追加工事の充てる事ができるポイントです。地球温暖化対策の推進を目的として、エコ住宅やエコリフォームを行った人に対してポイントを発行しています。
住宅エコポイントが発行される工事の期間は平成23年10月21日~平成24年10月31日に着工したものが対象になります。
また、対象となる住宅の条件も存在し、省エネ法で定められた省エネ型の製品を使用した家(トップランナー基準)、省エネ基準法を満たす木造の住宅が対象になります。
エコリフォームを行う事でも住宅エコポイントが発行されることがあり、これの条件が、平成23年11月21日~平成24年10月31日までに着工したものが対象になります。
エコリフォーム対象となる住宅が、窓、屋根、天井裏の断熱改修に加えて、手すりの設置、段差の解消などのバリアフリー改修、太陽熱利用システム、高断熱浴槽等の設置、リフォーム瑕疵保護への加入、耐震改修の4つの項目を満たしたリフォームがポイント発行の対象となります。
発行されるポイント数が、被災地だと1戸にあたり30万ポイント、それ以外の地域だと15万ポイント、太陽熱利用システムを設置すると2万ポイントの追加があります。
エコリフォームにおいては、1戸あたり30万ポイントが上限となり、内容に応じて発行されるポイント数が変わります。

ポイントの発行申請は、住宅の購入者(新築)、リフォーム工事の発注者が行います。
住宅エコポイントを事務局に郵送する手法と申請窓口に持参する方法があります。窓口に持参すると即時交換することが出来ます。

木材利用ポイントとは、スギ、ヒノキ、カラマツ等を利用した木造住宅を建造、内外装の木質化工事を行うことにより発行されるポイントです。
森林環境の適正な警備、保全、循環型社会の形成や地球温暖化の防止に貢献し、地域振興を目的としています。
木材利用ポイントの発行の対象となるものが、木造住宅の新築、購入、木質化工事や木材製品、薪ストーブの購入により発行されます。
住宅を新築した場合1戸あたり30万ポイント、特定被災地域で新築した場合50万ポイントが発行されます。
ポイントの発行申請期間が平成25年7月1日~平成27年5月31日までとなっています。
ポイントの交換申請期間が平成25年7月1日~平成27年10月31日までとなっています。

木材利用ポイントと住宅エコポイントを併用することにより60万ポイントを発行する事が出来ます。

カレンダー
2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031